認定こども園 桜台いちい幼稚園・保育園

資料請求
お問い合わせ

園の特徴 | 概要

わたしたちの取り組みやデータをお伝えします。 わたしたちの取り組みやデータをお伝えします。

概要

平成30年度の園児数

平成29年度実施 自己評価ついて

平成29年度に実施した認定こども園 桜台いちい幼稚園・保育園の
自己評価の結果の概要は、次のとおりです。

PDFを以下から
ダウンロードいただけます。
平成29年度実施 自己評価

1.本園の教育保育目標

2. 重点的に取り組む目標・結果

3.評価項目の達成及び取り組み状況

評価項目 達成及び取り組み状況
「教育保育の計画性」について ・幼保連携型認定こども園教育・保育要領の改訂から自園でも作成している教育・保育課程の見直しを行い、共通理解を図りながら保育を行うことが出来た。
・計画から実行に移るまで、何度も話し合いを行ったため、時間を要することもあった。しかしその分しっかりと計画を立てることが出来たため、見通しをもった保育を行うことができた。
・主任や学年主任、学年部会を通して細かいところもしっかりとした計画を立て、職員間でも時間を上手く活用し保育を行っていた。
「教育保育のあり方、幼児への対応」
について
・認定こども園として園の機能を考え、創意工夫した教育・保育を行うことが出来た。また、保育の共通理解へと繋がるよう週案や日案などを各職員へ配布し援助を行えるよう、連携を図ってきた。しかし個々の理解の仕方に経験差を感じたため、行事や活動に応じて主任を中心とした打ち合わせを行い、同じ理解の基に援助を行なえるよう努めた。
・若い職員が多い現場ではあるが、若いからこそ出来る温かく柔らかい雰囲気や関わり、援助は行えたように感じた。また、小さなケガに繋がりそうなところや足りない部分においては、主任が中心となりフォローをすることで、子どもたち一人ひとりと向き合い援助することが出来た。
「保育者としての資質と能力」について ・昨年度の反省を生かして、自己研鑽に励もうとする意欲的な姿が見られた。
・保育者として専門的な知識を積極的に学ぶため、様々な研修にも参加することが出来た。
「保護者への対応」について ・認定こども園として、幼児部門も新しい園舎になったことで、これまでの環境とは大きく変化した。そのため、職員間でもしっかりと報告・連絡などの連携を図り、園としての共通認識を深めた上で適切な対応を行うよう心掛けた。
・バス関係や送迎など職員間での伝達に不十分なところがあった。これは昨年度も足りないところであり保護者には多大なるご迷惑へと繋がるため、今後はより確認し合い、ミスへとならないよう意識を強化して取り組みたい。
・経験年数の浅い職員が多いことから、保護者への対応に積極性を欠く姿が見られた。これまでも、園長・副園長、主任なども一緒になり検討してきた事項ではあるものの、今後も引き続き、意識して取り組みたい。
「地域の自然や社会との関わり」について ・厚別西小学校とは、多くの配慮をいただき今年も実りある良い交流を行うことができた。また、この機会を通して子どもたちが進学への意識を高めたり、個々の育っている姿にも気付く良いきっかけとなっている。
・未就園児クラスは、年々参加数や問い合わせを多くいただき、多くの方との交流、園の情報を広めるきっかけとなり、いちいの保育を知ってもらうことができたと感じた。
・近隣のご好意により、冬には広い畑をお借りして季節ならではの遊びを存分に楽しむことが出来て感謝すると共にこれからも良い関係へと繋がるよう大切にしていきたい。
「研修と研究について」 ・前年に比べ、職員一人ひとりが意欲をもって積極的に研修に参加することが出来た。また、参加した研修内容もとても良く、報告書や資料をもとに職員全員で再度、学び合う場を設け保育の実践へと活かしていった。
・学園での研修(学園合同研修・新人研修・中堅研修・主任研修など)にそれぞれの分野に合わせて参加し、より保育というものへの理解を深められたように感じた。またその研修の中で、「幼保連携型認定こども園教育保育要領」の改訂についても学園の主任を中心として取り組み、自園の保育を見直すことが出来た。
・園内研究については、今年度公開保育を行ったことで、様々な方からも多くの意見や評価をいただいたことは職員にとっても大きな喜びや自信へと繋がった。
この公開保育は実践までの過程や準備などにおいて、職員の負担も多いが、自園の保育を振り返る良い機会ともなったと感じた。また職員同士が互いの保育を見つめ直す場を設けることが出来たのも、若い職員にとっては学びの深い良い機会となった。

4.学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果

学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果
① 職員間の連携 ・互いに意識は、しているものの、職員一人ひとりの伝え方や理解の仕方が違うことで、確認不足や些細な不備が生じることがあった。
・1日の流れの中で、職員同士の申し送りや意見の交換会などを行い連携をとった。また、パートの職員にも確認事項がきちんと伝わるよう書面で記録し職員の共通理解に努めた。しかし、会議や打ち合わせなどに時間を要することも多いことから、今後は内容をより吟味して効率よく仕事を進められるよう計画性にも重点を置き引き続き取り組んでいきたい。
② 資質能力の向上 ・園内の研修に留まらず、様々な学びの場への参加はできたと感じた。しかし、日々の仕事で気持ちがいっぱいになってしまうことも多いため、自ら探して参加するといったものは少なかった。次年度は、仕事以外でも趣味嗜好に費やせる時間や心の余裕を作れるよう現場としても意識していきたい。
③ 特別支援教育を深める ・市立あつべつきた幼稚園での特別支援研修に多くの職員で参加させていただいた。その中で普段知ることの出来ない遊び方や考え方など様々な知識を深め、翌日の保育に生かすなど学び多い場に参加できたことはとても良かった。
・小学校での特別支援の公開保育にも参加させていただき、年長児から小学校への連携の大切さや幼稚園・保育園としての今あるべき子どもの姿など、支援だけではなく現在の子ども一人ひとりの成長の大切さを改めて学ぶことが出来た。
④ 子育て支援について ・未就園児クラスなどを通して、園に対する興味や関心を持っていただけるよう情報を提供し、勧めていった。しかし、ブログなども意識して取り組んではいたものの更新に時間がかかってしまい情報発信としては遅れてしまうことも多くあった。次年度はそこも意識して取り組んでいきたい。
・預かり保育を利用される方も多くいることから、より異年齢ならではの保育の充実化を目指し子どもたち一人ひとりが楽しめる工夫した保育や環境設定を心掛けていきたい。
⑤ 保育環境の整備と工夫 ・裸足保育での配慮として、遊具の点検や保育室の見回りなどは強化していった。しかし、後半になると職員間での意識の薄れ、日々の慣れなどから些細なトラブルやケガにも繋がるのではと感じたため、どのような活動の中でも様々なことを想定しながら環境整備を怠らず園運営を引き続き行うよう努めたい。
・昨年度に比べると園庭も落ち着き、これまでの桜台ならではの広々とした環境の中で保育を行い、のびのびと遊びを楽しむことが出来たように思う。
・近隣の方のご好意により広い畑を借りての雪遊びや菊水の堤防・公園にも積極的に出掛け、季節を問わず自然を満喫し保育環境を充実させることが出来た。
⑥ 保護者との連携について ・認定こども園となり、保育や環境面など状況に合わせて適切に対応をしなくてはいけないと、強く感じた。そのため、変化する事柄には手紙などを通じてご理解を得られるよう尽くしてはきたものの、保護者の方に対して説明の遅れや対応など足りない部分も多く、十分ではなかったと感じた。
・園との連携や保護者同士との関わりも、様々な企画を行いたいと考えてはいたものの実行に移す姿勢が足りなかった。今後はもっと開かれた園としての工夫・配慮を行っていきたいと考える。

5.今後取り組むべき課題

課題 具体的な取組み方法
① 乳児保育への理解と異年齢交流 ・今年度、学園として教育保育課程・指導計画を見直したことにより、職員間でもこの内容を見合い、一人ひとりが乳児保育の理解を深めて、取り組みたい。
・次年度が認定こども園として3年目であることから異年齢との関わりも職員間でもしっかりと連携をとり、個々の成長として繋げていけるよう意識して取り組んでいきたい。
・育ちや活動に合わせて、乳児との触れ合いや異年齢での関わり、お散歩に出掛けたりなど活動を共にする交流を多くもてる機会を作る。
② 職員間の協力体制の強化 ・乳児部門、幼児部門の生活の流れや勤務体制も違うため、1日の報告会や会議などを一緒に行うことは難しい。しかし、互いの情報などは共通理解にも繋がるため、会議録や園内文書にも職員全員が目を通し協力体制を強化できるよう努める。
・大きな行事や活動内容に応じて、時間調整を行い全職員での意思疎通・協力体制を強化する。
・口頭での申し送りはもちろんのこと、保育や細かなことも文書化し復唱することで、理解を深められるようにする。
③ 保育環境の見直しと整備工夫 ・芝生や植物など園庭の保育環境を本部と共に見直し、子どもたちがより主体的に遊びを楽しみ、自然を体感しながらのびのびと満喫できるよう職員間で打ち合わせて整備・工夫を行う。
・学園での図書委員会での取り組みを生かした絵本環境作りを行う。
・2階遊具の遊び方や使いなども職員間で話し合い、より環境を生かした遊びを楽しめるよう工夫する。
④ 保護者理解と迅速な対応 ・これまでも努力はしてきたが、これからもより保護者の理解を深められるようにするためには、園としての思いや日々職員が行っている保育を知ってもらえる機会を作り、保護者とも連携を密にとっていくことが重要と感じる。
・丁寧に保護者と関わりコミュニケーションを取ることで、普段保護者の方が感じていることや悩まれていることに気付き素早く対応が出来るよう、要望やご意見などに対して主任を中心とした対応が出来るよう取り組みたい。
・保護者参加の企画を考え、保護者の方にも園との関わりをより身近に感じてもらえる工夫・園作りを行なう。

平成29年度 学校関係者評価について

平成29年度に実施した認定こども園 桜台いちい幼稚園・保育園の
学校関係者評価の結果の概要は、次のとおりです。

PDFを以下から
ダウンロードいただけます。
平成29年度実施 関係者評価

1.本園の教育保育目標

2. 本年度、重点的に取り組む目標・結果

3.評価項目の達成及び取り組み状況

評価項目 学校関係者評価
「教育保育の計画性」について 評価:A

「評価」の区分
A:成果を上げている
B:ある程度成果を上げている
C:もう少し努力が必要である
D:改善が必要である

○:良い
●:課題
☆:要望


○教育・保育課程の見直しなども行い、何度も話し合いの場を設けたり、時間をかけ計画を進めていくなど、しっかりと行われていると感じた。
○計画がしっかりと出来ているので、計画と実施の差異が生じても、すぐに立て直しがきき、時間の無駄がなくなると感じた。
○日々の保育は、自然の物を使ったり、廃材を使用し工夫されていた。
○若い先生も多い中で、全職員で共通理解を図るため、努力されていることが良く分かった。
「教育保育のあり方、幼児への対応」
について
評価:A
○各年齢にあった活動や教育保育を行い、ときには同じ行事に参加することで異年齢との関わりを深めるなど、とても工夫された教育・保育を行っている。
○園長、主任を中心とした体系がしっかりと出来ているのが良い。
○細かく週案・日案を作成して充実した内容で保育を行っている。
○幼稚園部門・保育園部門、両方の子どもや保護者に対して、温かい園であり認定こども園としての機能や役割を十分に果たせていると感じた。
「保育者としての資質と能力」について 評価:A
○日々の業務が忙しい中、様々な研修などに積極的に参加し、資質能力向上が図られている。
☆実体験による積み重ねが大切だと思う。
「保護者への対応」について 評価:B
○新しい園舎になり、環境が変化したが、先生方が適切に対応していて毎日安心できた。職員が試行錯誤して取り組んでいる様子も分かり、保護者も先生方の苦労を良く理解し、協力していきたいと思う。
●バスの運行についても、職員間での伝達ミスのないようチェック項目を明確にすると良いと思う。
☆駐車場の関係もあると思うが、行事や練習を見学出来る場合は明確なお知らせをしてほしい。
「地域の自然や社会との関わり」について 評価:A
○西小学校との交流は、年長児と小学生の双方にとってプラスになり、とても良い機会だと思うので今後も大切にしてほしい。
○自宅ではなかなか冬に外で遊ぶことが出来ないので、畑を借りて雪遊びが出来ることは感謝している。
○今年度は、未就園児クラスが2クラスになり、より園を知ってもらう機会が増えたので良かった。
○小学校との交流は、進学への期待が高まっている。
「研修と研究について」 評価:A
○前年よりも研修の参加に積極的でまた、再度学び合うなど向上を図れていると思う。公開保育などとても大変で先生方の負担も多かったと思う。
☆各種研修が実りある内容で、保育に活かされている様なので、引き続きお願いしたい。

4.学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果

学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果
① 職員間の連携 評価:A
○職員の勤務時間帯が違う中での申し送りや、意見交換などは大変だと思うが、今後も今まで通り連携をとって行ってほしい。
○人と人との関わりで成り立っている仕事なので、あらゆる機会を利用して職員同士の共通理解を進めることは良いことだと思う。
○多くの職員間での共通理解を深め連携することは時間も手間もかかり、大変な事ではあるが、重点をかけていただきありがたく感じている。
② 資質能力の向上 評価:A
○仕事ばかりではなく、趣味嗜好に費やせる時間は、心にとっても大切だと感じた。
☆仕事以外に目を向けることは大切なので積極的に行ってほしい。
③ 特別支援教育を深める 評価:A
○とても良い事と思う。大変とは思うが、今後も深めていってほしい。
○昨年より研修の幅を広げ、多くの参加者が実地で体験出来たのは良いと思う。
④ 子育て支援について 評価:A
○60名を超える預かりを抱えながら、未就園児活動を行うなど園のみなさんの努力とご苦労を感じる。
☆今年度の経験を活かしてゆっくりと丁寧に進めていくと良いと思う。
☆預かり保育は年々人数が増えているが、保育内容はとても充実していて満足しているので今後も継続して進めてほしい。
☆入園前には、ほとんどの人がブログを見ると思う。また、とても楽しみにしているので更新頻度を増やしてほしい。
⑤ 保育環境の整備と工夫 評価:B
○はだし保育による懸念事項は園の配慮により解消された。今後も強化していってほしい。
○ハインリッヒの法則があるように、些細なトラブルやケガを肝に銘じてやっているのが、非常に良いと思う。
●園庭の水はけの悪さを早急に改善してほしい。
●床にめくれがあったり、掲示物が剥がれたりなどが見られる。また、園庭もデコボコしていたり泥んこ状態も季節・天候にもよるが困ることがある。気付いたらテープなどを貼り意識はしてもらっているが今後も危険のないようにお願いしたい。
⑥ 保護者との連携について 評価:A
○先生方には新しい環境の中でも適切に対応していただき感謝している。
○アナログ対応もあたたかみがあって良いと思うが、デジタル(スマホのアプリ)でなんとかならないかと思う。
○挨拶だけでなく、担任以外の先生もコミュニケーションを図ってくれていた。
○十分に対応してくれていると感じる。保護者としても今後、もっと園に協力をするべきと思った。

5.今後取り組むべき課題

課題 具体的な取組み方法
① 乳児保育への理解と異年齢交流 評価:A
○乳児はとても大変だと思うが、先生たち一人ひとりがしっかりと見てくれているので、安心して預けることが出来た。
○異年齢との関わり合いは、園でしかできなことなので、これからも引き続き大いにやってほしい。
② 職員間の協力体制の強化 評価:A
○協力体制がとれていて連携が図られていると感じた。
☆勤務体制が違うため、難しいこともあると思うが、報告・連絡・相談は今後もしっかりと連携をとっていってほしい。
☆朝5分間ほどの時間を作って、「3分間スピーチ」を輪番制で全員やってみてはどうか。(スピーチの内容は自分で考えて行う。)
③ 保育環境の見直しと整備工夫 評価:A
○今までのように安全に自然と関われるよう環境を大切にしてほしい。
☆2階の遊具の有効利用を促進してほしい。
○職員間の服務分担もしっかりと考えられていて連携がとれていると感じた。
④ 保護者理解と迅速な対応 評価:A
○職員の雰囲気の良さ、温かさ、優しさ、笑顔に見守られながらの園生活は安心感があった。これからも身近に感じられる園であってほしいと願っている。
☆園とのコミュケーションがより濃密となるよう保護者参加の企画を是非行ってほしい。
☆グラウンドは使用する子どもたちのことを考え、年間を通じて車両の出入りを完全禁止にしても良いと思う。

過去の自己評価・関係者評価の結果はこちら

入園のご案内

資料請求 お問い合わせ

桜台いちい幼稚園 桜台いちい幼稚園

認定こども園
桜台いちい幼稚園・保育園

〒004-0068
札幌市厚別区厚別西611番地520

アクセスについて

TEL 011-895-3331
FAX 011-802-6484

資料請求 お問い合わせ
地図

学校法人 北邦学園

〒060-0063
札幌市中央区南3条西1丁目1番地
南3西1ビル 4階
Google Map
TEL 011-280-1771 FAX 011-280-1772

個人情報保護について

All rights reserved, Copyright (C) 学校法人北邦学園.